借金と住宅ローン知識コラム

住宅ローンの頭金

物件の価格のうち、住宅ローン以外の部分を「頭金」といいます。

頭金は、先に述べたとおり、物件価格の住宅ローン以外の部分で現金で自己資金として用意できる金額のことです。例えば3000万円の物件の場合、頭金200万円とローン2800万円という時に使う用語です。

では、自己資金とは何を指すのでしょうか。

自己資金は、今回の不動産の購入にあたって自分が用意できる現金のことです。例えば、自己資金450万円で3000万円の物件を購入する場合、頭金200万円、住宅ローン2800万円、諸費用250万円という内訳になります。

例)
物件価格 3000万円 諸費用
2800万円   200万円 250万円
頭金
住宅ローンを利用 自分で用意できる現金「自己資金」

注意したいのは

住まいの購入の資金計画を立てる際には、物件価格のほかに仲介手数料や登記料などの「諸費用」を別に用意しなければならない点です。3000万円の物件購入には、3000万円+「諸費用」が必要です。

ですから、頭金と自己資金をごっちゃにして、不動産業者の担当者に「頭金はおいくらご用意できますか?」と聞かれて「450万円です。」と答えると、担当者は「3000万円の物件だから住宅ローンは2550万円で資金計画すれば良いかな。」と考えてしまいます。正しくは「自己資金は450万円で頭金はそのうち200万円で考えています。」という言い方となりますね。

ほんのちょっとした言い回しの違いですが、結構大きな誤解が生じてしまいます。分かってしまえばなんて事無い話しですが、「頭金0円で購入可能」というキャッチフレーズも、「自己資金0円で購入可能」と言っているわけではないということですので気をつけて下さい。