借金と住宅ローン知識コラム

住宅ローンKAETA(カエ太) 住宅ローンの分割実行

注文住宅を建てる場合、建設業者に対する支払い方法は、一般的には数回に分けて支払います。着工時、上棟時、竣工時などです。完成後一括払いだと、もし完成後に支払いを受けることが出来なければ業者としてはまる損になってしまいます。建物の完成具合に応じて支払いを受ければ、業者としてはリスク回避が出来るためこのような支払い方法が一般的になっています。

そこで、まず土地を購入して、このような建物に対する数回の支払いについて自己資金で対応できない場合には、住宅ローンの融資を土地と建物分を数回に分けて実行して対応しなければなりません。これが「分割実行」と呼ばれるものです。

この分割実行に対する融資の契約方法や金利、手数料などは金融機関によってそれぞれ異なります。当然、これにかかわる諸費用も異なりますので金融機関からよく説明を受けておくことです。

つなぎ融資との違い

「つなぎ融資」は、住宅ローンの分割実行が出来ない場合に、建設会社への支払いを行うために住宅ローンとは別の短期融資(『つなぎ融資』)を利用し、建物完成時の住宅ローン融資実行金によってこの短期融資を返済するものです。分割実行が出来ない金融機関では、つなぎ融資を利用することで注文住宅への支払いに対応することとなります。

この「つなぎ融資」は、住宅ローンに比べて金利や手数料が高めに設定されていることが多いので、事前にどの程度の費用を見込んでおくべきか調べておく必要があります。

建売住宅やマンション購入の場合は

ちなみに、このような「分割実行」は、住宅ローンを利用して土地を買って家を注文住宅で建てようとする場合に必要となりますが、新築分譲住宅や中古の一戸建てやマンションの購入の場合には残金決済時に一括で住宅ローンが融資実行されるので必要ないことになります。