借金と住宅ローン全部まとめて解決

相談事例 自己資金なし 収入合算で住宅ローンの審査を入れる?

気に入った物件が決まったのですが、実は妻に内緒の借金ありで、過去の滞納も心配でした。借入もまだ多く残っていて、自己資金も無いので、購入を諦めるしかないのかな…と思ったところ、担当の方から「収入合算」を提案されました。

30代 会社員 男性 既婚(奥様と子供2人)

学生時代から住み慣れた横須賀市内に当時は専業主婦の妻と子供2人の家族4人で賃貸アパートに住んでいました。 生活環境は気に入っていたのですが、7年前に都心部の会社に転職してからは、通勤が大変で、7時過ぎに家を出て、退社時間が23時近くになることもあり、帰宅すると日にちが変わっていることもざらでした。

そんな生活を変えたかったのと、子供が小学校に上がるタイミングで、実家にも近い大田区エリアで戸建を購入し引越することを決めました。

色々紹介してもらった中で、気に入った物件は、雑色駅から徒歩8分。平成20年築、4LDKの物件でした。本当は新築物件を購入したかったのですが、予算的には厳しく、私たちの予算で買えるものは狭く造りも雑な感じがしました。
なので、中古になったのですが、築10年の明るいしっかりと建てられた家だったので、家族と話し合い決断しました。

物件を決めると、さっそく住宅ローンの相談をこちらにお願いしました。
ここまでは割とスムーズに事が進んだのですが、ここからが大変でした。

実は、妻には内緒の借金があり、以前少しの期間滞納したこともありましたが、担当の方の指示で、個人信用情報の開示請求をして開示された情報を確認すると支払が遅れたのが開示機関の前だったらしく事故の履歴は載っていませんでした。
しかし、借入している金額がまだ多くあったので、担当の方曰くこの物件金額を借りるには自己資金で1,200万円位必要になるとのことでした。

そもそも、自己資金0円で購入を考えていたので、そんな金額がある訳もなく、購入を諦めるしかないのかなと思ったところ、「お父さんとの収入合算で住宅ローンの審査を入れましょうか?」と提案されました。
父は62歳で定年後に就職した会社で6年勤続して年収約300万円、この収入を合算して、親子リレーローンの形ならば借入期間も35年間が可能なので、審査も大丈夫だと思いますとのことでした。
父を説得してもらうため、担当の方にも同席してもらって父に収入合算でローンを組むことを説明してもらい何とか父の協力を仰ぐことができ、事前の審査も承認されたので、この物件で契約することにしました。

その後、意外とリフォーム費用がかかることや、売主側の事情で引渡時期を延ばすことを条件に値引きをしてもらったりと色々ありましたが、最終的には無事に引渡しを受け、今では家族4人快適に過ごしております。